在宅用・介護用ポータブルトイレ・水のいらない自動ラップ式のラップポン

兵庫県西宮市 山本様

img_user_03_yamamoto

img_user_01_yamamoto_title

Q1:導入されたきっかけは?

娘:たまたまラップポンを知っていて部屋に置いていてもパックされると臭いがしないという所に惹かれて、臭いがしないのなら置いてもいいかなと思って母に勧めたんです。

Q2:ラップポンをご使用になったご感想は?

娘:ずっと使ってきて臭いがない事と後処理が便利ですよね。パックされてそれを普通ゴミに捨てられるっていうそこがいいなって思います。
母:便利なものができたなぁ。

Q3:他のポータブルトイレを使っている状況を想像してみてください

娘:他のトイレを使っていたと思うと臭いもするし私の負担も大きいですよね。仕事も持っていますし、私が排泄物を捨てに行くことが出来ないでしょ。帰宅するまで1日分をほっておくことになので。衛生面でも夜までほっておくんだったら大変だったんじゃないかなと思います。
やっぱり臭いって気になりますよね。

Q4:臭いについて困ったことはありますか?

娘:たとえば汗にまみれたままでデイケアに来られているご利用者さんも結構おられるんですよ。
そんな中で、もし自分の母親が排泄物の臭いをさせてデイケアに行ってたとしたら、それってものすごく悲しい事だと思うし、でもきっとラップポンがなかったらそれが当たり前になっていたんじゃないかなって思うんですよ。そういう生活が。
母:自分はいいですけどね。娘が「お母さん、洋服に臭いがしみ込む」って言うんで。
娘:いっぱい服を部屋に置いているので、やっぱり部屋に臭いが充満したら臭いがついたままデイサービスに行く事になるので、そこは避けたいなとやっぱり思います。
母:クローゼットに入れといたものが手が届かないから、ハンガーラックに全部出しているんですよ。

Q5:ラップポンを使ってよかった点は?

娘:臭いがないのと人の手を借りずに処理できるそこじゃないですか?
母:自分で出来るところ。ボタンひとつで出来るし、毎日のことだからね。
別にこの頃、娘の手を借りなくても、自分でフィルムカセットの取替も出来るし、そこが大きいかもしれないですね。自分で替えられるって言うのが、やっぱりそれがすごく負担が軽くなりましたね。
やっぱり人を頼ってしないといけないと思ったらなんか気が重くてね。
娘:自分でやってくれるのだけど、フィルムの交換は手伝わないといけないところでしたね。
前の機種はね。

Q6:自分で処理が出来るという事について

娘:絶対大事だとおもいますよ。私はそう思っているんですよ。
最期まで、やっぱり自分の尊厳は大切にと思います。
 
 

動画を見る

ラップポンに関するお問い合わせはこちら TEL 0120-208-718 9:00~17:30(土日祝日は除く)

  • メールでお問い合わせはこちら
岡山市介護機器貸与モデル事業
取り扱い介護ショップリスト
  • 介護用トイレをお探しの方へ
  • プロの現場で選ばれる理由
  • これから介護が始まる方へ
  • facebook
  • ラップポンとは?
  • お客様の声
  • ご利用までの流れ
  • お問い合わせ
ラップポンとは災害・レジャー・工事現場・環境保全など多くのシーンで活躍中!
ラップポン公式YouTubeチャンネル
Copyright © NIHON SAFETY - WRAPPON All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.