• ホーム
  • 導入実績
  • 富士山(2007年7月〜8月) 環境に配慮したトイレ

ラップポンニュース - NEWS

富士山(2007年7月〜8月) 環境に配慮したトイレ

06環境関連08導入事例2009.05.25

年間およそ20万人が訪れる富士山では、ゴミやトイレが問題となる事が多く、特に近年ではトイレ(し尿)による土壌汚染が問題視されています。
ラップポンは、山岳地帯では特に貴重な資源である水をまったく必要とせずに、5層構造の特殊な防臭フィルムで排泄物を完全に密封し、燃やしてもダイオキシンなどの有害な物質は発生しません。また、給排水工事や便槽工事などの作業が不要なことから低コストでの設置が可能です。このような理由から、環境省関東地方環境事務所からの要請で2007年7月から約2ヶ月の間、仮設する事が決まりました。期間中約3万人の登山客にラップポンを使用していただきました。

 

>導入事例PDFダウンロード

導入実績一覧

ニュース

 
  • YouTube ラップポン公式 YouTubeチャンネル
  • 公式Twitterアカウント

介護専用サイト

取り扱い介護ショップリスト

ラップして、ポン。なるほど、におわない。

ラップポン ヒストリー