“突然の災害時にも、普段使い(キャンプ等)にも活躍!”
手動式ラップ機構搭載の簡易トイレ 「ラップポン PF-1」を4月5日(火)発売!

■ 背景・目的

災害発生時に、トイレは食料や水と同じくらいに大切なものです。
避難所のトイレは、必ずしも衛生的に利用できるとは限りません。衛生的でない環境でのトイレ利用を避けるために食べることや飲むことまで我慢してしまうといったアンケート結果も出ています。こうした悪循環は、疾患を引き起こし災害関連死に繋がってしまう可能性もあります。
近年では地震だけでは無く地球温暖化の影響で毎年の様にゲリラ豪雨による水害が各地で頻発するようになってしまい、避難を余儀なくされるリスクも高まっています。
また、コロナ禍の中で個々のスペースを従来よりも大きく取る必要があることから、災害時の避難所不足が予測され、分散避難(在宅・車中など)が推奨されています。
そんな状況を踏まえ、避難所などの公共場所だけでなく在宅での使用も考慮しながら、水が使えない状況下でも次の機能・特徴を備えたトイレの開発に取り組みました。
①臭わず、衛生的に使える
②軽くコンパクトで丈夫
③誰にでも分かりやすい簡単操作
④お求めやすい価格での購入が可能
簡易トイレは、災害時はもとよりキャンプなどのアウトドア、車での長時間移動などでも利用が可能です。
いつか遭遇してしまうかもしれない災害時だけではなく、水が使用出来ない環境が発生する普段の生活の中にも取り込んでいける簡易トイレ、それが「ラップポン PF-1」です。

■ 商品の特徴

・密封個包装のための手動式ラップ機構を搭載
手動式ラップ機構は水を使わず、熱圧着によって排泄物を1回毎に密封します。毎回熱圧着により汚物袋を密封個包装するので、臭いも菌も漏らさず衛生的です。
・悪臭防止
多層構造の防臭特殊フィルムであるBOSを汚物袋に採用。熱圧着殿W効果で排泄の悪臭を汚物袋の外に漏らしません。
・二次感染防止
細菌等も汚物袋に閉じ込めるため、災害時やキャンプなど水が使えない状況での排泄処理後の二次感染防止に役立ちます。
・排泄物の後処理が簡単
汲み取り処理の必要が無く、汚物袋はポリエチレン素材のため焼却しても有害なガスは発生しません。個別密封された汚物袋はオムツと同様の処理が可能です。
※自治体の判断によって処理方法が異なる場合もございますので、各自治体の指導に従い処理してください
・組み立て、操作が簡単
組み立ては、折り畳み式の胴体を広げ、台座を入れた後に、便座ユニットを設置する3ステップのみ。レバーを引いて上に持ち上げる手動操作により、通電させて汚物袋を熱圧着させます。
・持ち運び便利、省スペースで収納可能
総重量約5.0キロと非常に軽量の為移動が簡単にできます。収納箱サイズは幅170x奥行560x高さ410mmと保管場所を取りません。
※箱から出して気軽に持ち運びができる便利なトートバッグが付属しています。
・繰り返しの使用が可能
本体部分(胴体、台座、便座ユニット)はポリプロピレン製。アルコールや次亜塩素酸(ハイター)などで清拭していただき、繰り返しの使用が可能です。
・各シーンでの利用が可能
後処理が簡単で、排泄後の臭いを抑えるため、災害時だけでなく普段の生活の中でも水が使用出来ない環境で気軽に使用することが出来ます。災害時の避難所、在宅避難、マンション防災、各施設でのBCP対策、キャンプ、長時間の車移動など様々なシーンでご利用いただけます。

■ 商品概要

商品名:ラップポン PF-1
発売日:2022年4月5日(火)
カラー:ネイビー(PF1SE002JH)
価格:46,200円(税込)
定格電圧:AC100V、DC12V
定格消費電力:35W
サイズ:幅376 x 奥行510 x 高さ400mm(組立サイズ)
    幅170 x 奥行560 x 高さ410mm(梱包サイズ)
重さ:5.0Kg(梱包時) ※製品重量4.2Kg
材質:胴体、台座、便座ユニット…ポリプロピレン
   汚物袋…ポリエチレン
   凝固剤…高吸水性樹脂
耐荷重:100Kg
販売ルート:代理店販売
付属品:消耗品30回分(汚物袋30枚、凝固剤30個)、トートバッグ


  • よくある質問

    お問い合わせの多いご質問に
    お答えします。

    詳しく見る

  • SNS

    ラップポン公式SNS。災害や介護、
    防災のトイレに関する情報を発信。

  • お問い合わせ

    製品やサービスについて、
    質問を受け付けております。

    詳しく見る

  • 送料・購入

    最短3営業日以内に発送

  • オンラインショップ

    ラップポンの消耗品と
    SH-1の本体を販売しています。

    詳しく見る